恒温恒湿室

恒温恒湿室


簡単お見積もりのご依頼は、
下記でお送りください。


恒温恒湿室・環境試験室
簡易見積依頼書



クリーンルームに関するお問い合わせ

恒温恒湿室

ホクトの恒温恒湿室

加湿器がないのに湿度コントロールが出来る?

そのわけは
冷却した水と循環空気を十分に接触させる事により、加湿された低温の飽和に近い湿り空気を作ります。それを再加熱する事により、目的の温度と相対湿度をコントロールします。自然の物性原理である飽和空気での絶対湿度の制御なので、シンプルで安定性に絶大な信頼があります。
ホクト総研では、この原理を利用した露点飽和散水システムを取り入れた恒温恒湿室をご提供しております。

露点飽和散水システムを利用した恒温恒湿室の特性

  • 群を抜いた省エネルギー性
    ランニングコストを画期的に抑えることができました。精密空調では一般的な均衡直膨システム比べ、約40%〜50%の省エネ効果があります(当社比)。理由は、加湿器が不要・冷凍機の稼働率が低い・過冷却がなく再熱エネルギーが小さい等があげられます。
  • メンテナンスが容易
    加湿器のメンテナンスで苦労した方は多いのではないでしょうか。沸騰させて加湿するタイプではどうしても水の不純物が固形化し、その対策が大変です。加湿器を使わない露点飽和散水システムではその苦労から解放されます。純水器・軟水器も不要で、水道水をそのままご使用頂けます。
  • 温湿度の安定性が高い
    温湿度コントロールに使用する水は、冷却媒体として比熱が大きく、一度安定すると容易に乱れることはありません。再熱ヒーターをPID制御することで非常に高い温湿度の安定性が低コストで得られます。
  • 耐久性が大きい
    主要部品はステンレス製で耐久性が高く、消耗部品を交換することで末永く高精度空調をベストの状態にお使いいただけます。水冷却を媒体にしているため、負荷が安定し冷凍機の寿命も長くなります。
  • アフターコストが極めて少ない
    シンプルな構造で穏やかな稼動なので、装置の負担が小さく故障を少なく押さえることができます。月に一度程度の水交換と、数年に一度、充填材の交換をする程度で充分機能を保持できます。
  • 唯一の弱点は
    水を冷却の媒体としているため、凍結を考慮すると水温を5℃以下にはできません。そのため、低温や低湿が出しづらく、標準状態付近での温湿度範囲に限られます。同じ理由で大きな発熱や大量の局所排気には弱いことがあげられます。

標準仕様

恒温恒湿室
恒温恒湿室
制御温度 23℃±0.5℃(可変型可能)
制御湿度 50%±2% (可変型可能)
負  荷 発熱0.5〜2kw 人員1〜5人
排気0〜150立方メートル/H
空調システム 露点飽和散水システム
制御システム 温度:PID制御 湿度:水温ニ位置制御
試験室仕様
  • 構 造: パネル組立式(厚さ42mm)
  • 断 熱: 硬質ウレタンフォーム
  • 外 壁: カラー鋼板
  • 内 壁: カラー鋼板
  • 天 井: カラー鋼板
  • 出入口: 片開き800w×2,000h窓付き
  •  窓 : ペアグラス 300mm角 1ヶ所
    (増設可能)
  • 照明: 蛍光灯40w×2灯
  • コンセント: 100v×20A×2口 2ヶ所
    (増設可能)
安全装置
  • 異常昇温時停止用サーモスタッド
  • 漏電遮断機
  • 温度ヒューズ
  • サーマルリレー
  • 圧力スィッチ
  • ファンインターロック
  • オフデレタイマー
  • その他
ユーティリティ
  • 200V×3Φ×5〜20kw(空調用)
  • 100V×1Φ×20A(照明・コンセント用)
  • 給水15A
  • 排水40Φ
  • 冷媒用スリーブ75Φ
オプション
  • 温湿度記録計
  • 湿度直読計装
  • 天井吹出方式
  • 消音ボックス
  • ケーブル孔
  • 親子・両開きドア
  • 鋼板・ステンレス製床
  • その他

屋外機


制御盤

お見積もりについて

設置場所に合わせたお客様の御要望による、使い勝っての良い恒温恒湿室をお見積もりいたします。
別紙「御見積条件書」にてお気軽にお問い合わせ下さい。